朝倉型グリーンツーリズム事業『あさくらの田舎に泊まろう!』

朝倉地域は、川や森など豊かな自然が広がり、優れた農作物など自然の恵みを享受できる地域です。

朝倉地域広域連携プロジェクト推進会議では朝倉の豊かで美しい自然環境の中で、農業・林業や陶芸をはじめとする伝統産業等を体験するプログラムを開発し、農山村民泊を盛んにするとともに、観光交流施設や宿泊施設を活用し、滞在型観光を推進します。

お知らせ

  • 現在、新しいお知らせはありません。

各種紹介

農村民泊わくわく体験モニターツアー(第1回)が開催されました!

【第1回 朝倉農村民泊わくわく体験モニターツアー】

 

第1回目の農村民泊体験モニターツアーは、平成24年8月20日(月)~21日(火) の日程で行われました。

 小学生を中心に大人3名を含む20名に参加いただきました。当日は、14時に甘木鉄道甘木駅に集合し、お見送りのお父さん、お母さんに手を振り、バスで朝倉市黒川地区出発しました。



黒川地区の清流で川遊びをしました。魚を手づかみで捕まえたり、カニを捕まえたり、子ども達は大はしゃぎです。自然の川を存分に楽しんだようです。


その後、公民館で、民泊先のご家庭との対面式を行い、それぞれの民泊先に出発しました。民泊先では、地元の食材の新鮮な野菜やイノシシのバーベキューやとれたてのトウモロコシなどを頂きました。参加者の皆さんは、民泊先の方々とかたらい、田舎の農家の暮らしを体感している様子でした。
 

 2日目は、まず農業体験です。そば撒き、ミニトマト、ナスの収穫、梨狩りをしました。ミニトマトや梨はその場でほおばりながらの体験です。また、採れた野菜はおみやげにしていただきました。自分で収穫した野菜は、きっと格別の味がすることでしょう。

 

 それから昼食後、朝倉市の『水の文化村』で、『オオクワガタの幼虫割り出し体験』を行いました。クワガタの生態を学んだ後、産卵材(クヌギ)の中にいる幼虫を採集します。子供も大人も真剣そのものです。採集した幼虫は、容器にいれて持ち帰っていただきました。無事、成虫に育つといいですね。

 2日間のツアーを終え、甘木鉄道甘木駅に到着しました。お迎えのお父さん、お母さんに再会です。みんな真っ黒に日焼けしています。夏休みのいい思い出ができたでしょうか。また、朝倉に遊びに来てくださいね。

農村民泊わくわく体験モニターツアー(第2回)が開催されました!

【第2回 朝倉農村民泊わくわく体験モニターツアー】

 

すがすがしい秋晴れの陽気のなか、平成24年10月7日(日)~8日(月)の日程で行われた、第2回目の農村民泊体験モニターツアーの様子をご紹介します。


1日目は、朝倉市秋月で地元の農家の方と一緒に、案山子(かかし)作りを体験しました。竹を適当な長さに切り、わらを巻きつけて、人の形を作り、思い思いの衣装を着せ、オリジナル案山子の完成です。できあがった案山子は、みんなでJA筑前あさくら秋月支所の横の水車ひろばに飾りました。

その後、秋月ののどかな田園風景を見ながら散歩した後、参加者の方は、民泊先のご家庭と対面し、秋月地区などそれぞれの民泊先に向かいました。民泊先では、各ご家庭で一緒に料理を作ったり、楽しくお話をしたり、民泊ならではの体験をしました。

 2日目は、まず朝倉市秋月の田んぼで稲刈り体験です。地元の農家の方の指導のもと、子ども達も鎌の使い方に気をつけながら、ひと株ずつ刈っていきました。手作業は大変ですが、稲の生育をまじかに感じることができます。参加者の中には、「昔を思い起こして懐かしいなあ」と言われている方もいました。

 

 昼食は、地元の農家の方の協力のもと、合鴨飯(あいがもめし)と豚汁をみんなで食べました。新鮮な空気の中で、体を動かしたあとの食事は、やはり、特別に美味しいです。秋月でとれたお米もおみやげにいただき、みなさん大満足です。

 

 昼食後は、筑前町の三箇山の農家で、「きず」狩り体験を行いました。「きず」は筑前町の特産品で「かぼす」よりも種が少なく実が多いということです。魚料理や、お酒に絞っていれるととてもおいしいそうです。参加者の方は、袋いっぱいに採り、うれしそうに持ち帰っていました。

 


 その後、筑前町立大刀洗平和記念館で、平和学習体験を行いました。かつて、この地には旧陸軍が東洋一を誇った大刀洗飛行場がありましたが、昭和20年3月、米軍の大空襲により壊滅的な被害を受け、多くの尊い命が奪われたのです。また、この飛行場は特攻隊の中継基地として、数多くの若き特攻隊員たちの出撃を見送った場所でもあります。これらの映画の上映やボランティアによる当時の様子をテーマにした朗読がありました。参加者のみなさんは、平和の大切さを改めて感じておられるようでした。

 



 大刀洗平和記念館のすぐそばにある、キリンビール福岡工場コスモス花園を最後に訪ねました。早咲きのコスモスが見頃を迎えつつありましたが、奥のコスモスはまだまだ青々としており、これから長く楽しめそうです。10月6日からキリンコスモスフェアが開催されており、大勢の人出で賑わっていました。参加者の皆さんは買い物をしたり、写真撮影をしたりして、楽しんでいました。



 2日間のツアーを終え、参加者の皆さんは、みんな笑顔で、収穫の秋を満喫していただけたようです。朝倉地域には、まだまだ見所や楽しい体験がありますので、ぜひまた遊びに来てください。

『あさくら路わくわく体験プログラムガイドブック』ができました!

自然体験、農林漁業体験、物づくり体験、アート・芸術体験、歴史・文化・食体験や平和学習など、朝倉地域ならではの体験プログラム84種を網羅したガイドブックを作成しました。

 

朝倉地域の豊かで美しい自然環境の中でのフルーツ・野菜収穫などの農業体験や陶芸を始め地域の伝統産業を体験するプログラムなど、魅力あふれるプログラムがたっぷり詰まった1冊です。小中学校の修学旅行や体験学習にも活用できる内容となっています。


 


<<朝倉地域広域連携プロジェクト推進会議トップ